世々にわたる神の計画

 

第5章

 

 今、神の聖徒に明らかにされた御ことばの奥義 

 

 

TIBrideF1.jpg (3082 bytes)

その言の奥義は、代々にわたって、この世から隠されていたが、今や神の聖

徒たちに明らかにされたのである。(コロサイ126

 

――最後の約束のかすかな光

――アブラハムへの約束

――延期された希望

――ペンテコステで明らかにされ始めた秘密

――その秘密とは何か

――秘密はなぜそんなに長い間かくされていたのか

――世界にとっては今もなお秘密である

――来たるべき時には、
            すべての人に明らかにされる

――秘密が秘密でなくなる時

 

TIPermissionEvilF.jpg (4316 bytes)
Cast out of Eden

   人類が悪の訓練のもとにあり、その必要性を理解することができない間にも、神は繰り返し、来たるべき救い主を通して人類に来る回復と祝福の目的を示された。しかし、だれがその救い主となるべきかは、4000年もの間秘密であった。それが明らかに現わされ始めたのは、キリスト者の、または福音の時代が始まったキリストの復活の後であった。

    エデンの園での幸福と命とが、最初の両親によって喪失させられた時をふり返って見ると、彼らが罪に対する正しいさばきのもとに、女のすえがヘビの頭を砕くであろうという不明瞭な声から得られるもの以外には、ひとすじの希望もなく悲しみに溢れていたのを見る。後に続く展開から見れば、私達にとって、それが重要な意味を持つことが分るのだが、彼らには、それは、かすかなおぼろげな光でしかなかった。そして成就の何の形跡もなく2000年近くが流れた。

Abraham6Isaac.jpg (7517 bytes)
Abraham and Isaac

     2000年の後、神はアブラハムを召し、アブラハムの子孫が地上のすべての家族を祝福するであろうと約束された。このことは、神が以前に示された目的をまだ保持し、今こそ、その成就の時であるかのように見えた。時は流れたが、約束のカナンの地は、まだ彼の所有とならず、彼らにはまだ子孫がなく、そしてアブラハムもサラも年老いていった。

    アブラハムはこの約束を成就するために神を助けるべきだと推論し、そしてイシマエルを産んだ。しかし、彼の助けは必要ではなかった。なぜなら来たるべき時に、希望と約束の子であるイサクが生まれたからである。その時、やっと国々を支配し、祝福する約束の者が来たように思われた。しかし、そうではなかった。

   時は流れ、神の約束は失敗に終ったように見えた。イサクは死に、その後継者であったヤコブも死んだからである。しかし、少数の人々の信仰は、まだその約束に対して堅固であった。そしてその信仰を神は奨励された。というのは

 アブラハムと結ばれた契約は、神の誓いによってイサクに誓われ、そしてヤコブに堅く立てられ、そしてイスラエルのために永遠の契約をされたからである。 (歴代志上161617

Slavery.jpg (9317 bytes)
Slavery

     ヤコブの死に際して、彼の子孫たちは、はじめてイスラエルの12部族と呼ばれた。(創世記4928、申命記265)この国民は全体としてアブラハムの約束の子孫としてカナンを所有し、世界を支配し、祝福するであろうという期待は実現の寸前にあるように見えた。

    すでにエジプトの好意のもとに彼らは強い国となりつつあったからである。しかし、エジプトが彼らの上に支配を得、長期にわたり、彼らを奴隷として保有した時、その望みは枯れ、その約束は、ほとんど忘れられてしまった。

Moses10a.jpg (12945 bytes)
Moses

     全く、神の約束は秘密に包まれてしまった。そして、その道は見つけることができないかのように思われた。しかし、偉大なる救い主、モーゼの時が来て、神は彼らのために素晴らしい奇蹟を行い、モーゼの手を通して彼らを奴隷の束縛から導き出した。カナンの地に入る前に、この偉大な救い主は死んだ。

    しかし、主の代弁者として彼は、 主なる神は、あなたがたの兄弟の中から、ひとりの預言者をお立てになるであろう と語った。(申命記1815、使徒行伝322)これは、神の計画への更に深い洞察を与える。そして全体としての彼らの国が未来の支配と祝福の業に関わるだけでなく、彼らの中の中から選ばれる一人が勝利と約束の成就へと導く者であることを示してくれる。

    それからヨシュア(その名は救い主という意味を持つ)が彼らの指導者になった。彼のもとに彼らは偉大な勝利を得、実際に契約に約束されたカナンの地に入った。確かにその時には、真の指導者が来て、その約束は、まさに完全に成就するかのように見えた。

Kings.jpg (7655 bytes)
King David

     しかし、ヨシュアは死に、ダビデとその次のソロモンが彼らに王として与えられるまでは国として前進しなかった。ダビデとソロモンの時に彼らの栄光の頂点に達したが、すぐに約束が達成されるのを見るかわりに彼らは、その力を奪い取られ、他の国に従属するようになった。

    しかしながら、ある人々は神の約束をしっかりと抱き続け、モーゼ、ヨシュア、ダビデ、ソロモンによって模型的に表わされる偉大な救い主を待ち望んだ。

Jesus18Simeon.jpg (4900 bytes)
Simeon and Jesus

 

Passover2.jpg (16282 bytes)
The Passover

 

 

Jesus19Thomas.jpg (4175 bytes)
Jesus and Thomas

 

Jesus43Emaus.jpg (11493 bytes)
Jesus and Disciples
going to Emaus

     イエスが生まれた頃には、すべての人々が来たるべきイスラエルの王、かつイスラエルを通して世界の王となるメシヤを期待していた。しかし、その王の偉大さと力を示す模型と預言とによって眩惑されたため、その王が人々に祝福を持たらす前に、必要な罪人のあがないとして苦難と死とを味わうというもう一つの模型と預言とを彼らが見のがす原因となった。

    これは、エジプトから彼らが救い出される前の過ぎ越しの中に、また、律法の契約が与えられた時に殺された動物の中に、また、毎年祭司によって行われたあがないの日の犠牲の中に予表として示されていたのである。彼らはまた、

 キリストの苦難とそれに続く栄光とをあかしした。 預言者のことばを見のがしていた。(ペテロ111

  だから、イエスが

   として来た時、彼らはそれを認めなかったのである。彼らは、おとずれの時を知らなかったのである。(ルカ1944)彼に最も近い弟子たちでさえ、イエスが死んだ時、ひどく当惑したほどであった。彼らは悲しんで言った。

 私たちは、イスラエルを救うのは、この人であろうと望みをかけていました。 (ルカ2421

    明らかに、彼らのイエスへの確信は見当違いであったのである。彼らは、彼らの指導者の死が祝福を持たらす新しい契約の保証であって、契約の部分的成就であることを理解することができなかった。しかし、イエスが墓から復活したのを知ると、彼らのしおれた望みは再び生き返った。(ペテロ13

    そしてイエスが彼らから去る時、彼らは長い間、心に抱き続け、しばしば延期された希望について尋ねた。 主よ、イスラエルのために国を復興なさるのは、この時なのですか? 彼らは、それがいつ成就されるのかは知らなかったけれども、その希望が、概して正しかったということは、それに対する主の答えによって明らかである。

 時期や場合は、父がご自分の権威によって定めておられるのであって、あなたがたの知る限りではない。 (使徒行伝167

 

 

Pentecost2.jpg (15319 bytes)
Pentecost

     神の計画は今、どんな変化を迎えたのだろうか?ということが、イエスが昇天した時、弟子たちの抱いた疑問であったに違いない。神の国に関するイエスの教えは、もっぱらたとえ話と、わかりにくいことばの中に表わされていたことを、私達は記憶しなければならない。

 私には、あなたがたに言うべきことが、まだ多くあるが、あなたがたは今は、それに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。 

 しかし、助け主、すなわち、父が私の名によってつかわされる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、また私が話しておいたことを、ことごとく思い起こさせるあろう。 (ヨハネ161213、 1426

だからペンテコステの祝福が来る以前には、彼らは理解することができなかったのである。


PaulActs15.jpg (3629 bytes)
Preaching to the Gentiles

 

 

 

Bride3.jpg (10284 bytes)
"A people
for his name"
--A Bride

     ペンテコステの後でさえも、なされつつある神の計画の働きと、その最初の契約との関係を彼らがはっきりと十分に理解する前には、一定時間を要した。(使徒行伝119、ガラテヤ221214

    しかし、彼らが十分に明白に理解する以前でさえも、彼らが神の代弁者として用いられ、霊感を吹き込まれた彼らのことばは、多分、彼ら自身が理解していた以上に、真理を明快に深く表現していたであろうと思われる。例えば、ヤコブの説教を読むと、彼はこう言っている。

 神が初めに異邦人たちを顧みて、その中から御名を負う民(花嫁)を選び出された次第は、シメオンが既に説明した。預言者たちの言葉もそれと一致している。

 すなわちこう書いてある「その後(これらの人々が異邦人の中から選び出された後)私は帰って来て、倒れたダビデの幕屋(地上の支配)を建てかえ、くずれた箇所を修理し、それを建て直そう」 (使徒行伝151416

 

 

 

 

What is the
great hidden mystery of God?

 

Jesus35Baptism.jpg (12298 bytes)
"Christ" means "Anointed"

     ペテロを通して最初の異邦人に、またパウロを通して異邦人一般に、福音を伝えたということの中に、ヤコブは、神の摂理がこの時代の間に、ユダヤ人と異邦人が同じように愛顧を受けることにあることを理解しはじめていた。そして彼は預言を調べ、預言がそう語っているのを発見した。それからこの福音時代の働きが完成した後、肉的イスラエルへの約束が成就されるということを発見した。長い間隠されていた偉大なる秘密が、次第に少数の者――神の特別な友である聖徒たち――によって理解されはじめた。

     パウロは、(コロサイ127)この奥義は、時代にわたり、世代にわたり隠されていたが、今や神の聖徒たちに明らかにされたことを次のようなことばで断言している。

 あなたがたのうちにいますキリストは栄光の望みである。

 これは以前には全く隠されていた神の偉大な秘密である。そして特別なクラス――聖徒または献身した信者――を除くすべての人からは、いまだに隠されているのである。しかし、 あなたがたのうちにいますキリスト とは、いったい何を意味するのだろうか?私達はイエスが聖霊によって油注がれたことを知っている。(使徒行伝1038

   こうして彼はキリスト――すなわち、油をそそがれた者――であることを認める。キリストという言葉は、油そそがれた者という意味だからである。使徒ヨハネは、私達(献身した信者)が受けた私達の中に留まっていると語っている。(ヨハネ227

   こうして、福音時代の聖徒は、王となり神の祭司となるために油そそがれた人々である。(コリント121ペテロ29――彼らは、そのかしらであり主であるイエスと共にエホバの油そそいだ者――キリスト(The Christ)を形成するのである。

"The Christ "
...not one member, but many.
1 Corinthians 12:14

EngBre1.jpg (18330 bytes)

     私達も油をそそがれた者であるというヨハネの教えと一致して、パウロは、過去代々にわたって隠され、今やその聖徒に明らかに示されたこの秘密が、キリスト(油そそがれた者)は一人ではなく、多くのメンバーから成り、ちょうど体が一つであっても肢体は多くあり、また体のすべての肢体が多くあっても体は一つであるように、すべてのメンバーは油そそがれた者――キリストであるということを確証している。(コリント121228

   イエスは教会のかしら、または主となるために油そそがれ、教会はその体(また別の表現によればその花嫁)である。(エペソ52530)それらが一つになって約束の 子孫 ――偉大なる救い主――を形成するのである。

 もし、キリストのものであるなら、あなたがたはアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのである。 (ガラテヤ329

Grapes.jpg (10577 bytes)
"I am the vine, ye are the branches."
John 15:5

     使徒パウロは、教会をあらゆる種類の罪から注意深く保護し、更にイエスのことを次のように語っている。 万物をキリストの足の下に従わせ、彼を万物の上にかしらとして教会に与えられた。 そして自らは、そのからだなる教会のかしらである。彼は初めの者であり、死人の中から最初に生まれた方である。それは、ご自分がすべてのことにおいて第一の者になるためである。 (エペソ122、コロサイ118

    なおまた彼は、人間の体のたとえをかりて、素晴らしく、力強く、イエスと私達との親密な関係を示している。この同じ一体性のことを、イエスは 私はぶどうの木、あなたがたはその枝である。 と語って教えている。(ヨハネ155

Pyramid.jpg (22454 bytes)
The top-stone is a perfect pyramid.

ピラミッドの形

    キリストのメンバーとして、また油そそがれた団体のメンバーとして私達が、主イエスと一体となることは、ピラミッドの形によって、よく描かれている。

頂上の石は、それ自体が完全なピラミッドである。他の石は、その下に積み上げられるけれども、頂上の石の特長ある線のすべてに調和するならば、全体の魂は完全なピラミッドになる。

   これは 子孫 ―― キリスト のメンバーとしての私達の位置を何とよく描き出していることだろう。頭と連なり、完全に調和してこそ生きている石としての私達は完全であるが、それから離れれば私達は無に等しい。

 

 

 

 

 

*Sinaitic MS. omits spiritual before sacrifices.

 

     完全な者、イエスは天に上げられた。そして今私達は、その模範に従って形づくられ仕上げられるために、また神の建物として建てられるために、私達自身を彼に献げるのである。普通の建物には隅のかしら石はない。しかし、私達の建物には隅のかしら石、頂上の石がある。

 見よ、私はシオンに選ばれた尊い石、隅のかしら石を置く。 ――

 この主のみもとにきて、あなたがたも、それぞれ生ける石となって、霊の家に築き上げられ、聖なる祭司となって、イエス・キリストにより、神によろこばれるいけにえをささげなさい。 ペテロ246

私達は、かしらであるイエスと、その体である教会の結合が間もなく完成するであろうと信じている。

 


HumbleYourself.jpg (3357 bytes)
"Humble yourselves"

     注) シナイ写本はいけにえの前に ということばは入っていない。

   私達は、偉大なる建築家の指導の下に、切磋琢磨に耐えなければならない。多くの変換を体験しなければならない。模範に私達を適合させなければならない。そして私達の中に、その建築家の能力と理想的状態とを獲得するためには、神の意志の達成を妨げる自分自身のいこじな意志をすべて捨てる必要がある。私達は、子供のように 謙遜 を身につけなければならない。神は高ぶる者をしりぞけ、へりくだる者に恵を賜うからである。だから私達は、神の力強い御手のもとに自分自身をへり下ろう。

   そうすれば、神は、私達のかしらであり先駆者である方を高められたように、来たるべき時に(ペテロ556

   私達をも高めて下さるであろう。(ピリピ289

Bible20DanChart.jpg (2575 bytes)

 

 

Bride10.jpg (2602 bytes)

 

 

 

Bible21Edith.jpg (7505 bytes)

 

     これは全く素晴らしいメッセージなのである。私達が偉大なる高い召しに関して学ぶために神のことばにくる時、すべての預言者が雄弁に、私達にくる恵み(ペテロ110――愛顧または祝福――を言明していることを発見する。

   今までは、模型や、たとえ話や、おぼろげな言葉で語られたが、今や明瞭にされたのである。油そそがれた者(キリスト)の集団が、賞与を求めて走るために召されている 狭き道 は光を放って輝き、公然と現われたのである。これは、確かに以前には考えられなかった秘密であった。すなわち、神は、一人の救い主のみではなく、多くのメンバーから成る救い主をおこされることを意図されているのである。

   これこそ、福音時代の献身した信者が到達する特権として与えられている 高い召し である。イエスは、人間であった間には、弟子達にこれを明らかにして見せようとはされなかった。そして彼らが油そそがれ、新しい性質に生まれ変ったペンテコステの時まで待ったのである。パウロの説明から 新しい被造物 以外の者は、この高い召しを理解することができないことが分る。彼はこのように言う、

 私達が語るのは隠された奥義としての神の知恵である。それは神が私達の受ける栄光のために世の始まらぬ先から、あらかじめ定めておかれたものである。この世の支配者たちのうちで、この知恵を知っていた者は、ひとりもいなかった。

 この目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、人の心に思い浮びもしなかったことを、神は、ご自分を愛する者たちのために備えられたのである。そして、それを神は、御霊によって私達に啓示して下さったのである。 コリント2614

The Christ
(Head and Body)
is the "seed of Abraham"
which is to bless
all the families
of the earth.
     ガラテヤ人への手紙の中で、パウロは、その秘密の全体を明らかにして、アブラハムに与えられた契約がどのようにして成就されることになっているかを示している。彼は、イスラエルに与えられた律法は、最初の契約を妨げなかったこと、(ガラテヤ31518)すべての国民を祝福するアブラハムの子孫はキリストであることを示している。(16節)

 

Abraham3Isaac.jpg (19321 bytes)

キリストは、霊の油をそそがれたすべての者を含むという既にほのめかされた概念を進めて、彼は言う。

 キリストに合うパプテスマを受けたあなたがたは、皆キリストを着たのである。もしキリストのものであるなら、あなたがたは(キリストと共に)アブラハムの子孫であり、アブラハムになされた約束による相続人はのである。 2729節) 

 

 

 

 

Why was it necessary
to keep the mystery hidden?

Jesus45BeholdF.jpg (3460 bytes)
"Behold the Man"

     同じ理論に従って彼はアブラハムはエホバの模型であり、サラは契約または約束の模型であり、イサクは、キリスト(頭と体)の模型であることを示している。(ガラテヤ4:)そして付け加えて言う、 兄弟たちよ、あなたがたはイサクのように約束の子である。 28節)こうして福音時代がキリストを成熟させ始めるまでは、神の計画は、模型の中に隠されていたのである。

 そこには、この秘密が隠される必要が存在したのである。さもなければ、そのように隠されはしなかったであろう。それは絶対に必要であった。なぜなら、人類にその計画を十分に明らかにしたならば、それを失敗させることになったであろうからである。もし人類がそれを知っていたならば、彼らは栄光の主も、その体である教会も十字架につけはしなかったであろう。(コリント28)もし、

   神の計画が世界から秘密にされなかったなら、人間の救いの君としてのキリストの死が邪魔されたであろうのみならず、キリストの苦しみにあずかる者としての教会の信仰の試練も、それによって妨げられたに違いない。というのは、 世が私達(相続者としての)を知らなかったのは(同じ理由によって)父を知らなかったからである。 ヨハネ31

Jesus22Teacher.jpg (4302 bytes)

奥義としてのキリスト

 世界にとって最大の秘密は、ただ神の計画と、その計画の体現であるキリストだけではなく、この小さき群が 神につける民 peculiar people)のメンバーであることをしるしづける歩みへと召されている独特な経過である。

   ナザレのイエスのような素晴らしい能力を持った人間が、その注目を政治、律法、商業、またはもっと一般に受け入れられる宗教へと向けたとしたら、偉大な尊敬を集めるような人物になったかも知れないのに、その時間と能力とを、イエスが費やしたように費やさねばならなかったということが、世界の人々にとっては不思議であった。

   人間の考えによれば、彼は自分の命を愚かにも浪費したのである。彼らは言った、彼は悪魔にとりつかれ、気が狂っている、彼の生涯と教えは、人々にとっては怪奇であった。人々は彼を理解することができなかった。

PaulAgrippa.jpg (4048 bytes)
Paul before Agrippa
      人に軽蔑され十字架にかけられたイエスの死を通して、罪の教えを説くために自分の仕事を捨てた12弟子とその仲間たちも同じように世界においては神秘であった。パウロは手仕事をするために、高い地位と社会的勢力を捨て、キリストを説き、イエスの御跡を追うすべての信者のために備えられている目に見えない光栄を説いた。

   これはあまりにも不思議だったので、ある人はこう言った。 パウロよ、おまえは気が狂っている。博学がおまえを狂わせている。 パウロと同様に、主の御跡にそのように従うすべての人々は、キリストのために愚かなものと教えられるのである。

God’s Plan
will not always
be shrouded
in mystery.

 

Sky2.jpg (1948 bytes)

     しかし、神の計画は、いるまでも神秘に包み隠されているという訳ではない。千年の日の夜明けは神の十分な光を人類にもたらす。そしてその時、 主を知る知識が全地をおおう のである。その翼にいやす力を備え、無知の暗やみを払いのける義の太陽は、千年の栄光に輝く――頭だけではなく体をそなえた――キリスト(the christ)である。というのは次のように書かれているからである。 キリストと共に苦しむなら、彼と共に栄光を与えられるであろう。 

 私達の命であるキリストが現われる時、私達もキリストと共に栄光のうちに現われるであろう。 

 その時、義人たちは、彼らの父の御国で太陽のように輝きわたるであろう。 (ロマ817テモテ21112 コロサイ34、マタイ1343

God will
"pour out
His spirit
upon all flesh..."
Joel 2:28

 

     さて、私達の信じる約束と私達の抱いている希望とは、 キリストの心 を受け取ることによって新しい心を与えられる以外のすべての人々にとって、受け入れたり行動に出たりするには余りにも夢のような、ありそうもないものに見えるであろう。しかし、来たるべき時代において、神が すべての肉に神の霊をそそぐ 時、現在の時代の間に神がそれを しもべとはしため に注ぐように、現在、

Bride5.jpg (21555 bytes)

" 小さき群 によって把握されている約束をすべての人々が理解し、感謝するであろう、そして彼らは教会の従順と賞揚とを喜び言うであろう。 私達は喜び、楽しみ、神をあがめまつろう。子羊の婚姻の時がきて、花嫁はその用意をしたからである。 
(黙示録
197

     彼らは彼らに流れ来る祝福の源である教会の栄光を喜ぶであろう。彼らは油そそがれた者(頭と体)によって受け継がれる、 偉大なる尊い約束 が彼らのためのものではなく、私達を土台として成就するものであることに気づくけれども、教会のうちに実現された教訓によって祝福を得るであろう。

   彼らはその時、彼らの目前に揚げられる祝福に向かって走るけれども、教会の模範によって利益を得、教会を授けた神をたたえるであろう。しかし、この知識は彼らに貪欲をもたらすことはないであろう。なぜなら、新しい物事の秩序のもとに、彼らの完全な人間性への召しは、十分に彼らを満足させ、そして性質の変化よりもっと彼らに望ましいものと思われるであろうからである。

Bible19Jerry.jpg (2874 bytes)

     その時、 秘密 は終りを告げる。なぜなら、世界はそれが、それまで彼らが誤解してきたキリストにある神の霊であり、私達の中にあるキリストの霊――肉の中に現われた神――であることを知るようになるからである。その時、彼らは、私達が気違いでもなければ愚かでもなく、かえって、彼らには見えなかった永遠の富と誉れと栄光を目ざして走り、より良い方を選択したのであったということを知るであろう。

   時間に関して言えば、神の秘密は(象徴的な)第七のラッパの鳴り響く時に終りを告げる。(黙示録107)これは、神の計画の中の秘密の部分がその時知られ、明らかに見えるようになることと、その体現である教会という神の神秘が明らかにされるという二つの意味に適用される。

   両方の秘密がその時、もはや秘密ではなくなる。その秘密である隠された計画は、その時までに、完成した十分な数のキリストの体のメンバーを見出し、キリストの体はその時完成するのである。

Bride1.jpg (3440 bytes)     その計画はもはや秘密ではななくなる。なぜなら、その秘密を永続させる目的がなくなるからである。約束、模型、象徴の中に、長い間隠されてきた秘密の偉大さと、この神秘のにあずかる物に(エペソ39)及ぶ神の恵みの素晴らしさは、6千年の間、エホバが人類から期待と望みのうちに隠してきたその完成に続く事業がいかに高大無辺で、それ程の準備に価するものであることを、私達に暗示している。

   その秘密の幕が取り除かれ、恵みの雨がふり注ぐ時、私達は人類の祝福に何を期待しないでいられようか!それこそ、その神秘の完成を待ちながら、被造物全体が今に至るまでに共にうめき、共に苦しみを続け、切なる思いで神の子たち、すなわちすべての人類を祝福する約束の 子孫 の出現を持ち望む所以なのである。(ロマ8192122

 

To Return to Home Page
click on Chart

HomeSymbol.jpg (6039 bytes)

Send E-Mail